自宅で首のヘルニア対策

スローコアピローの効果は?

老若男女だれでも簡単に首のヘルニアを治療する方法とは

腰のヘルニアは、20~40代に多い症状ですが
首のヘルニアは、頸椎椎間板ヘルニアといい、
50代など中高年に多い症状です。


頚椎の間にあり衝撃を吸収し、クッションの役割をする
椎間板がありますが、椎間板を構成する髄液や繊維軟骨が
加齢により弱くなってきます。


そこに何らかの圧力によって、弱くなった椎間板が正常の位置から
移動してしまい、頚椎の周囲の神経を圧迫することがあります。
これが頸椎椎間板ヘルニアです。


頸椎椎間板ヘルニアになってしまった場合、
すぐにはよくはなりませんが、
時間をかけてゆっくり完治していくことが可能です。


頸椎椎間板ヘルニアで大切なことは悪化させないこと。


そのためにも、痛みやしびれが悪化してきたら
ひどくなる前に病院で診てもらうことが大切です。



頸椎椎間板ヘルニアは、すぐに完治するわけではないですが、
状態が悪くなってくると痛みも増し、完治までに時間がかかる上に、
最悪の場合手術ということにもなりかねません。


痛みを軽減し、毎日の生活の中で少しずつアプローチを
行っていくと改善が期待できるケースもあります。


整形外科や整体に通って治療を受ける事も時には大切ですが
しばらくは通い続けないと行けないですし、
時間や費用を思いきり費やしてしまいがちですよね。


姿勢の不良や長年の生活習慣が原因で生じた体の不調や不具合であれば、
スローコアを使ってエクササイズすることで、
痛みや症状が緩和することが期待できます。

⇒ スローコアピローの詳細はこちらから



スローコアで首のヘルニアを自分で矯正できるのか?

首のヘルニアの症状の程度は、人それぞれ個人差があるため
具体的にどの期間で改善するとは言い難いですが、
使い続けた多くの方が痛みや症状が軽減しています。
⇒ 詳しくはこちら



エクササイズというと身体をハードに動かすイメージがありますが
スローコアでは、ストレートネック枕を使用して
寝たままの姿勢でエクササイズを行うシンプルな方法です。


しかも使い方やエクササイズが簡単で、長時間のエクササイズは必要がなく
たったの7分で体の芯まで届くため、継続していくことで
ストレートネックと身体の歪みを矯正出来ると話題です。


実際に体験された方の感想によりますと、
何を試しても効果がなかったのに、
スローコアPRO-EXのエクササイズだけで改善されたとの
口コミもあります。


また全国の治療院の医師が推奨する治療グッズということで
患者さんへオススメする自宅ケア方法のNO1となり、
多くの方々から熱い支持を受けています。


しかし、ヘルニアの場合、姿勢の不良や長年の生活習慣が原因で
生じたものでは無い場合や進行の度合いによっては危険な事もありますので
自己判断せずに医師に相談してからお試しすることをオススメします。



⇒ 専門家推奨の枕 スローコアの詳細はこちら