ストレートネックのチェック方法

スローコアピローの効果は?

ストレートネックをチェックする簡単な方法とは?

慢性の肩こりや首の痛みがあると、凝りがひどくなり、
日常の生活に支障をきたしてしまうことがあります。


単なるコリは放っておいてもたいしたことがないですが
繰り返される肩コリは、放っておくと
ひどくなってしまい悪循環になってしまうことがあります。


もし繰り返される首の痛みや肩こりやスッキリしない症状があるようであれば、
それはストレートネックの可能性があります。



例えばデスクワークで毎日同じ姿勢を繰り返していたり、
うつむいた状態のままスマホを操作している場合、
正常な首のカーブが損なわれてしまい、首がまっすぐになってしまいます。


このような状態が続くと、首の湾曲が失われて
ストレートネックになってしまい、
本来であればバネの役割をする湾曲が機能を果たさないために
首や肩が極度に緊張するため、痛みが発生します。


症状がひどくなると、全身症状に及び、全身倦怠感、
更にはめまいなども引き起こしてしまうそうです。



まずは自分の首や肩の痛みの原因が、ストレートネックから
くるものなのかどうかをチェックする必要がありますね。


ストレートネックをチェックする方法ですが、
頸椎が歪んでいるかどうか確認したい場合は、
整形外科でレントゲンを撮ってもらって確認してもらったり、
整骨院、整体院などで触診して頂くといった方法があります。


他には、なかなか整体に通う暇が取れないという方は、
自分で行う簡単なセルフチェックなどもオススメです。


確認方法としましては壁などに背を向けて立ち、後頭部、肩、おしり、かかとを
つけるようにして立ち、4箇所がピッタリとくっつくようであれば正常と判断出来ます。
後頭部だけが付かない場合はストレートネックの疑いがあると判断します。


ストレートネックの症状に気づいたら
放っておいても良くはならないので
ストレートネックに対するアプローチをすることをお勧めします。

スローコアは、ストレートネックによる体の歪みを解消するために
数々の症例から研究されて開発された枕で、
口コミでも簡単に自分で治せると評判です。


ストレートネックの症状が悪循環になる前に、
スローコアで症状を改善してみませんか?