ストレートネックの原因

スローコアピローの効果は?

ストレートネックになる原因と姿勢を正す対策について

最近、よく耳にするストレートネックですが、
長時間のパソコンの作業やスマホの操作を行うときなどに、
うつむいた姿勢を続けることで、首の湾曲が失われるために
起こる症状で、スマホの普及と共に、現代人に急速に増えています。


他にも、バレエやダンスなどで顎を引いた姿勢をする機会が多い方や
交通事故によるムチウチや、柔道やレスリング、スキーでの転倒などで
首や頭部へ大きな力が加わった場合や加齢による頚椎症も
ストレートネックになる可能性があります。


年齢を重ねるにつれて、加齢の症状も加わり
完治がむつかしくなる
と言われています。
どんな原因であれ、ストレートネックは若ければ若いほど
早めに対策をしたほうが良いです。



人は通常は首の骨がゆるいカーブを描くように丸みを
帯びておりますが、ストレートネックの人の首の骨は
真っすぐになっています。


通常であれば湾曲しバネの状態をする首の骨ですが、
真っ直ぐになった状態では、バネの役割を果たさないため
人間の頭を支える首の骨や筋肉、神経が極度に緊張し、
大きな負担となるのです。


ストレートネックになると頭痛や首こり、肩こりなどを
引き起こし、更には全身倦怠感、自律神経失調症といった
全身症状を引き起こしていくのです。



身体の歪みをそのまま放置しておくと、肩こりなどの
症状はどんどん悪化していくばかりです。

ストレートネックになってしまったら、症状を改善するために
日常生活で姿勢に気をつけるとともに、
ストレッチなどを行って正しい姿勢に戻してあげることが大事です。


そこで毎日デスクワークを行っている方にオススメしたいのが、
仕事の合間でも休息をとって、エクササイズを行うといった方法です。



背筋を伸ばしたり軽いウォーミングアップを図ることで、
ストレートネック対策にもなります。


うつむいて仕事をしているのなら、背筋をぴんと伸ばして
真っ直ぐに座るように心掛けてみてはいかがでしょう。


他にもスローコアピローPRO-EXというストレートネック枕を使って、
自宅で簡単にエクササイズを行ってみるのオススメです。



短時間のエクササイズで体の歪みが矯正でき、
毎日続けることで、ストレートネックが軽快し、
体の痛みが減ったと口コミでも評判です。

ストレートネックになってしまったら、症状を改善することが大切です。
ぶり返したり、ひどくならないように注意しましょう。


⇒ 口コミで評判のスローコアピローはこちらから