スローコアピローの効果は?

ストレートネック枕をバズタオルやタオルで作る方法

ストレートネックで悩んでいる方には、
自分でストレートネック用の首枕を
タオルやバスタオルで作ってみるという方法があります。


以前、テレビで放送していたのですが
バスタオルを縦に二つ折りにして
くるくると巻くだけです。


タオルやバズタオルは素材や大きさによって
巻いた時の出来上がりが違ってきます。


バスタオルが薄手の場合は、縦に3つに折ってから
まるめるという方法でも良いと思います。


好みの硬さや高さはあると思うのですが、
私も試してみました。

作ったのはこんな感じです。




いちいち巻くのが面倒な人や、固く巻きたい方は
紐で両はじを縛っておくと良いです。


首の上に乗せて横にごろんと寝転んでみると
びっくりするくらい気持ちが良いですよ。



一度寝るだけでもかなり気持ちが良いのですが、
歪んだ首を元に戻すためには定期的に使うのが
効果的だと思います。


首が正しい位置に戻っていくことで、
肩こりなんかが治っていくとのことでした。


お金もかからないし、まずは試してみて、
これで効果を感じるようなら、なかなか体がスッキリしない原因は
首が関係している可能性が高いと思います。




ストレートネック枕にバスタオルやタオルは何故良い?

首に巻いたタオルやバスタオルを巻いて寝転がるのが
ストレートネックに何故良いのでしょうか。


通常の首は、ゆるやかなカーブを描いています。
でもストレートネックになってしまうと、
首がまっすぐになってしまい、第5頚椎、第6頚椎を始め
首周辺の神経や筋肉に、骨などに負担をかけてしまいます。





そこでストレートネック枕を使い続けることで
通常の首のラインに戻していくことができるというわけです。


継続して使っていくことが大切ですが
ストレートネック枕を使っていくことで、
首の歪みが矯正されていくと、肩こりや頭痛などの
不定愁訴が軽減したり良くなっていった人も多いそうです。


まっすぐになってしまった首は、
首枕を使って元に戻してあげるということが
自宅でできるストレートネック対策なのです。



バスタオルやタオルで作ったストレートネック枕は、
最初は5分程度の短い時間から始めて
徐々に15~20分程度に時間を伸ばしていくと良いと思います。


バスタオルやタオルを使ったストレートネック枕は
お手軽にできてお金もかからないのでオススメです。



でも、効果はあるんだけど、いまいち物足りないという方は
大学教授が考案したストレートネック枕を試してみるのをお勧めします。






ストレートネック対策枕は、数多く出ていますが、
多くの症例から硬さやカーブ、形状、素材を追求しており、
とにかく簡単で効果を出しやすいと評判
です。


特に何をやってもダメだった方はぜひ試してみてくださいね。


⇒ スローコアピローの詳細はこちらから